トップ «前の日記(2016-07-01 [J]) 最新 次の日記(2016-08-01 [J])» 編集

AD794の雑記

2004|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|

Categories | WEB拍手 | mixi | いい曲 | かがみ劇場 | アニメ | ゲーム | サッカー | ネタ | マンガ | 映画 | 音楽 | 音楽イベント考 | 競馬 | 雑記 | 自分用 | 読書 |

メインに戻る

WEB拍手を送る

2004年8月21日以前の雑記はこちら


2016-07-09 [J] [長年日記]

[雑記] RIOのこと

ちょうど一週間前、2016年7月2日に、親友の島岡りを(以下RIO)が逝去しました。

知り合ったきっかけは2001年に開催された「Crystal -Square Music Arrange Festival-」(通称SMAF)に、お互い参加していたことです。
その際私はベースを生で弾いていたのが印象に残ったらしく、イベント終了後にMSNメッセンジャーか何かで声をかけてもらったのが最初だったと思います。
で、RIOが声をかけた面子で一度彼の家で集まったわけです。
そのときのメンバーは、RIO、鷹(CROW'SCLAW)、大臣(現Celestia主催)、小山田昂、K-JIRO、AD794でした。
ちなみに初めて会った日の夜に、飲み屋で鷹坊がウイスキー飲んげふんげふん。
そして、そのときのメンバーをコアメンバーに、RIOがさらに何人かに声をかけて制作されたのが、
CD「浮遊大陸 -The Floating Continent-」です。

現在でこそ私もすっかりこの界隈の長老めいて、ただただ顔は広い感じでいろんな人と交流させてもらってますが、
FFアレンジ界隈の扉を開いてくれたのは、RIOでした。
彼が誘ってくれなかったら、こんなに友達が増えることもなかったと思います。
某さぷがつぶやいてましたが、本当にRIOは「人と人を繋ぐ天才」なんだと思います。

当時は、本当にいろんな人たちが、一人暮らしをしていた彼の家に集まって(押しかけて)、朝まで飲んだくれながらグダグダしたり、
To Heart2の限定版買って萌え転がったり、陵辱王が飲みすぎて英語で「Fuckin'!」しかしゃべらなくなったり、
CD「flourish」製作過程で青色インクが足りなくなったり、
岸田さんに「岸田コード」教えてもらったり、
終電で帰るはずだったふぁいすたんが終電逃して戻ってきたり、
本当にいろいろなことがありました。
「DTMerのときわ荘」なんて冗談めかして言われてましたが、本当にその通りだったと思います。

その後私は就職したのもあって、当時のように入り浸る形はできなくなったけれど、
相変わらずツイッターであほな話をしたり、あほな話したり、あほな話したりしてました。
RIOが結婚したとき、結婚式にも呼んでくれて、とってもとってもアットホームな、なんともRIOらしい式で、本当に楽しかった。
2011年に私が結婚したときも、もちろんRIOを招待しました。人前式で挙げましたが、彼に立会人になってもらっています。あの節は突然でスマンな。

ちょうどその年の年末あたりにRIOは福井へ引っ越したので、その後はさすがになかなか会えず、再会は2015年。
RIOが入院したという一報を受けて、急遽夫婦でお見舞いに行きました。
そして、それが、生前彼に会った最後の機会となりました。

年が明けて2016年1月、RIOと共催という形で、スクエニ乗り物BGMアレンジ祭を開催しました。
実際のところ、作業的な部分はすべてRIOがやっていたので、本当に私はただ名前がそこに載っていただけだったのですが、
それでも、RIOとまた一緒に何かができたことは、とってもとっても嬉しかった。
色々やってくれてありがとう。色々やらせてしまってスマンな。

振り返ってみると、本当にRIOには感謝しかありません。
ありがとうありがとう、そしてまたありがとう。
あいつにはウザがられるかもしれませんが、大分遅れてあの世で再会した際には、目一杯の感謝を伝えつつ、こう誘おうと思います。

「葵亭いかね?」

[]

  1. AD794 (11-21)
  2. えうう (11-19)
  3. AD794 (12-10)